第二十四番 曹洞宗万年山 見松寺 東海近畿地蔵霊場会

地蔵霊場巡拝ごあんない 東海近畿地蔵霊場会

第二十四番 曹洞宗万年山 見松寺

曹洞宗万年山 見松寺

縁起 正徳2年峰延元祝大和尚が5つの庵を統合して見松寺を創立、熊野地方では、本尊様が、虚空蔵菩薩は見松寺一ケ寺である。脇佛として延命地蔵菩薩が祀られ境内には水子地蔵菩薩も祀られ地蔵信仰が盛んである。
毎年11月24日は地蔵菩薩の大祭として、遠近よりの参詣者多く七俵の餅を供養し子授け、安産、子青の地蔵様として親しまれている。
見松寺は、熊野七里御浜の高台に位し、太平洋を眺望出来る景勝の地にあり
松くい虫が発生しない前は浜辺にそびえたつ古松を眺めてその美しさ雄大さを寺号として萬年山見松寺とする

ご詠歌(一番) うちひらく、まえはぐせいのうみにして、 かぎりしられぬ、じひのしらなみ
(二番) みほとけの のりのみちとく、けんしょうじみちびきたまえ ぜんこうのみち

交通JR紀勢線紀伊井田駅下車徒歩7分
国道42号線、三重交通井田駅前バス停徒歩10分

道路駐車可
自家用車は寺に駐車場あり

〒519 - 5711
三重県南牟婁郡紀宝町井田
電話 (0735) 32 - 2024

地図