第二十二番 曹洞宗宝寿山 光明寺 東海近畿地蔵霊場会

地蔵霊場巡拝ごあんない 東海近畿地蔵霊場会

第二十二番 曹洞宗宝寿山 光明寺

曹洞宗宝寿山 光明寺

縁起 永禄12年越前より総芸和尚この地に来たりて地福庵を閑居とし、後に光明寺と改め福井心月寺の末寺となる。明治には天理教の繁栄に、当山川向い宅あった歓喜寺は檀家がほとんど転宗し、護持できなくなった為、以来本尊薬師如来を当山に安置されている。
当山は阿弥陀如来を本尊とし、子安観音、梅花観音、熊野西国観音等も安置されている。特に子安観音は毎年旧正月24日に大祭が盛大に行われる。安産、子育祈願をはじめ多くの参拝者でにぎわい、もちひろいも名物の一つである。境内西側には延命地蔵、水子地蔵が安置され、出産後の母乳の出すぎをとめたり、出るようになるという不思議な御利益がある。又、油屋おこん生誕の菩提寺としても知られている。

三重梅花百観音霊場第75番札所

熊野西国三十三観音霊場第9番札所

ご詠歌数々の宝にまさる宝寿山 慈悲の光に如くものぞなき

交通JR熊野市駅下車
バスにて桃崎行 寺谷下車 徒歩1分
バス所要時間 約35分 (時刻表注意)
マイカー尾鷲より国道42号線あすか町小阪信号右折(奈良方面)

寺下道路駐車可

〒519 - 4673
三重県熊野市五郷町寺谷731
電話 (05978) 3 - 0200

地図