第十七番 真言宗青峯山 正福音 東海近畿地蔵霊場会

地蔵霊場巡拝ごあんない 東海近畿地蔵霊場会

第十七番 真言宗青峯山 正福音

真言宗青峯山 正福音

縁起 本尊十一面観世音菩薩は相差の海上より鯨魚に駕して出現し、光明赫奕として四方を照らしこの天朗峯に飛来されたと伝えられています。
聖武天皇南都東大寺建立の際、不祥事度々あり、無事建立を祈られ、伊勢神宮に行幸、朝熊岳にこもられた時「これより巽の方角に天朗峯と云う霊験あらたかな観世音菩薩遊化の山あり、この地に一伽藍を建立し、尊像を安置すれば、速やかに諸願成就すべし」 と夢のお告げあり、天皇直ちに行基をつかわし、伽藍を建立、正福寺と名付けたところ、東大寺伽藍御建立成就せりと云う。
その後大同2年 平城天皇の諭旨を受け弘法大師が眞言宗に改宗されました。
境内は金堂始め聖天堂、絵馬堂、大師堂、横に延命地蔵尊立像、弁天堂、如意輪堂、鐘楼堂、客殿、大門あり、旧跡もまた多く倭姫の命皇大神を始めて鎮座し奉った天跡山、観音始めて安置せる観音山、行基の座禅石、風雨はげしき文目も分たぬ夜の海に岩上より輝く御燈りを拝すと云う燈明岩、弘法大師御護摩修行の護摩岩その他龍宮池、鯨岩等不思議の旧跡数多く、信者は全国にわたっております。

ご詠歌慈悲の海 深き誓の たのもしき 青峯山へ参る身なれば

交通JR国道167号線近鉄上之郷駅横踏切より的矢線に入り
            2キロ先左登山口 (バスはここより登る)
近鉄松尾駅より県道1キロ右登山口
近鉄鳥羽駅下車タクシー30分
近鉄志摩磯部駅下車タクシー20分

〒517 - 0042
三重県鳥羽市松尾町519

地図