第九番 真言宗豊山派林泉山 長楽寺 東海近畿地蔵霊場会

地蔵霊場巡拝ごあんない 東海近畿地蔵霊場会

第九番 真言宗豊山派林泉山 長楽寺

真言宗豊山派林泉山 長楽寺

縁起 当山は、天正9年(1582)の兵火にかかり、伽藍は、ことごとく焼失するも寛永8年皇109代明正天皇の御代 「当地の北方に密教相応の地あり、そこに仏利を開きて衆生を済度すべし」 との明神のお告げにより、高野山より諸国遍歴の高僧、慶応上人、当山(中興の祖)が五間四方の本堂、護摩堂、鐘楼堂、客殿、庫裡、鐘楼門等の堂字を建立し、本尊に薬師如来 (安阿弥作) 日光、月光、十二神将、子安地蔵尊を安置。これより当山の草創となす。口伝によれば本尊の薬師如来と子安地蔵に子授け、安産、病気平癒を祈願すればことごとく成就するといわれており、毎月4の日(4日、14日、24日)は参詣者が多い。盛衰の波幾たびか打ち寄せ 再建焼失を繰り返すも、今日ようやく復興、昭和59年弘法大師御入定1150年の御遠忌を記念して本堂、客殿新築、平成4年興教大師850年御遠忌を記念して庫裡改修築地塀造立の、境内整備等、昭和平成の大復興を行う。

ご詠歌なむやくし すくいのひかりかがやきて りんせんざんに はるるうすぐも

交通近鉄大阪線名張駅下車タクシー利用が便利です
バス三重交通名張駅より上野産業会館行き田原下車

(道路駐車可) 徒歩700米

〒518 - 0602
三重県名張市東田原560
電話 (0595)  65 - 0141
FAX  (0595)  65 - 4913

地図