第一番 天台宗垂坂山 観音寺 東海近畿地蔵霊場会

地蔵霊場巡拝ごあんない 東海近畿地蔵霊場会

第一番 天台宗垂坂山 観音寺

第一番 天台宗垂坂山 観音寺

縁起 元三大師(慈恵大師良源)滋賀県浅井郡に御誕生になり12才にて比叡山に登り日燈上人の坊に入り理仙阿闍梨の元で修学されましたが、17才の時、理仙大徳が急逝されましたので日燈上人が非常に哀れみ三条右大臣公の幕下で朝明郡(現四日市)の領主舟木良見公に逢っていろいろ依頼されました。
良見公は深く大師に帰依され浄財を寄贈。垂坂の地に七堂伽藍を建立、大師に捧げました。これが観音寺の創建で時に延長6年です。当時は、茂福に総門、南鵤中門、阿倉川に南門、現在の当山に奥ノ院、垂坂町に仁王門、如来坊、建長坊、中ノ坊、玄性坊、寂禅坊等二十四坊が山一色、坂部、小杉、中村、平津の村々に建並び明願寺、大勝寺等多くの末寺が建立され伊勢天台別院として栄えていましたが天正3年8月の兵火に焼失、現在その地に大小の塚として残り昔と替る事なく不思議な霊験を示現しています。
その後桑名城主松平重公の篤く大師に帰依し元禄4年奥ノ院跡に再建されたのが観音寺です。
当山には多くの仏像が奉安されています。中でも地蔵尊6躰、子育て安産地蔵尊(鎌倉時代)、弥勤菩薩出現まで現世救済の信仰をされています。他水子地蔵尊等5躰

ご詠歌いのりなばたれも ねがいのたるさかへ ひとりのぼるとひとしおもふな

交通近鉄四日市駅下車三重交通バス垂坂行垂坂下車徒歩七

大型車は観音寺裏の市道、中型車門前駐車場。

〒510 - 8037
三重県四日市市垂坂町1266
電話 (0593) 31 - 5448

地図